食物繊維 不足

あなたがしているダイエット方法は、フルーツ、野菜などを摂取していますか?もし食事制限をするようなダイエットをしているとすれば、体重増加、心臓病、がんなどのリスクが高くなります。ダイエット中に食物繊維を摂取することは非常に大切なことです。

 

便秘と予防方法

 

排便が週3回以下の場合や、便が硬くて乾燥している場合、便秘していると言えます。便秘は、食物繊維不足だけが原因ではなく、運動を全くしていなかったり、摂取しているサプリメントが原因になることもあります。

 

便秘を予防する方法は、リンゴ、ラズベリー、ニンジン、ブロッコリーなどの食物繊維が訪湯な食材を多く食べるようにしてください。食物繊維の量を増やすことで、便秘を改善することができます。一気に食物繊維を摂取しすぎるとお腹の調子が悪くなることがありますので、少しずつ食物繊維量を増やしていくといいでしょう。

 

水分をたくさんとったり、定期的に運動することにより、健康な身体を維持することができます。

 

満腹感と食事量

 

食物繊維を多く摂取すると、満腹を感じやすくなると言われています。また食事の時に満腹を感じると、その後お腹がすきにくくなると言われています。もし食事の時に満腹を感じられない場合、必要以上にたくさん食べることができてしまいます。つまり、食事制限などをするよりも、食事の時には、きちんと満腹感を感じることが大切です。

 

フルーツや野菜などを積極的に食べることで、25〜35グラムの食物繊維摂取を目指してください。食物繊維を摂取することだけを考えれば、好きな食べ物を食べれば良いです。

 

血糖値

 

もし、糖尿病などの病気を抱えている場合、医師から食事制限などを受ける場合があります。

 

食物繊維は血糖値を制御するのに役立ち、糖類などの吸収を抑える働きがあるので糖尿病などの場合に、食物繊維を多く摂取するように意識するといいでしょう。しかし、その場合はきちんとかかりつけの医師に相談するようにしてください。

 

吐き気やだるさを感じる場合

 

炭水化物ダイエットなどをしている場合には、肉、卵、チーズなどからほとんどのカロリーを摂取することになります。これらはコレステロールの上昇につながるだけでなく、吐き気やだるさなどを感じさせることがあります。この場合、ビタミンやミネラルが豊富な果物や野菜を摂取するように心がけてください。乳酸菌サプリや低脂肪食品などを取ることも良いでしょう。

 

食物繊維を意識的に摂取していると、同じような食事に飽きてしまうことがあります。食物繊維は消化されにくくお腹の調子を崩すこともあります。しかし、食物繊維は様々な病気などのリスクを減らしてくれる働きがあります。

 

水溶性食物繊維は動脈内のコレステロールの沈着を減少させ、血中コレステロールを低下させます。可溶性繊維は、ゲル状物質を形成するために、水に溶解します。水溶性食物繊維を多く含む食品は麦、豆類(エンドウ豆、大豆)、りんご、バナナ、大麦、野菜などです。

 

食物繊維は糖尿病予防に大きな効果があります。ある研究によると、食物繊維が豊富な食事をとっていると28%も糖尿病のリスクを減らすことができると言われています。逆に糖分が多く、食物繊維が不足しがちな食生活をしていると糖尿病のリスクは急激に上昇します。

 

がんと食物繊維

 

がんになる原因の一つにダイエットの影響があると考えられています。また、食物繊維が豊富な食品を摂取することでがんのリスクを減少させる可能性があるとも言われています。

 

 

まとめ

 

食物繊維を摂取することで様々な病気予防に役立ちます。しかし、一気に食物繊維を摂取しすぎるとお腹の調子を崩すなど、下痢などの原因にもなります。食物繊維は一気に摂取するよりも少しずつ摂取量を増やしていくことが大切です。計画的に食物繊維を摂取することができれば、きっと生活を変えることができます。ダイエットして体重を減らしたいと思っているなら、食物繊維を意思した食生活を送れるように習慣づけるようにしましょう。


ファミコン誕生